OpenFrame21

  • OpenFrame21

    進化したOpenFrame

    「OpenFrame21」は進化したOpenFrame。メインフレーム上で運用しているアプリケーションなどの各種リソースをJavaクラスに自動変換し、リアーキテクチャ(クラウドネイティブ・マイクロサービス化)を実現するソリューションです。コンテナ基盤上にAI機能やコラボレーション機能を統合した、クラウドネイティブな環境を構築します。
  • OpenFrame21

    進化したOpenFrame

「OpenFrame21」は進化したOpenFrame。メインフレーム上で運用しているアプリケーションなどの各種リソースをJavaクラスに自動変換し、リアーキテクチャ(クラウドネイティブ・マイクロサービス化)を実現するソリューションです。コンテナ基盤上にAI機能やコラボレーション機能を統合した、クラウドネイティブな環境を構築します。

「リホスト」から
「リホスト+リアーキテクチャ」へ進化。
メインフレームからの
JAVA化・クラウドネイティブ化を実現。

​「OpenFrame 21」はクラウド・ネイティブなJavaプラットフォームとして、レガシーアプリケーションやデータ、およびリソースをメインフレームからMSA(マイクロサービス・アーキテクチャ)ベースのJAVAクラスに自動的に変換し、クラウドコンテナで動作するリアーキテクチャ・ソリューションへと進化した新製品。レガシー資産の分析・移行の自動化を行う「OpenFrame T-Up」機能を搭載し、COBOL・JCL・データセット等のレガシー資産をJava、XML・HTTP・SQLといったクラウド環境で利用可能な資産へと変換します。

OpenFrame21

進化したOpenFrame

クラウドネイティブ・マイクロ
サービス最適化ソリューション

クラウドに最適な統合ミドルウェアプラットフォームを提供。サービス規模に関係のない容易なCI/CD管理を実現。

レガシー資産を
自動でモダナイゼーション化

メインフレーム上で運用しているシステムのオンライン/バッチアプリケーションおよびCOBOL,JCLやデータなど、各種リソースをJavaクラスに自動変換。

  • OpenFrameの自動分析ツールが資産をCOBOLやJCL、BMS/MFS、CICSなどのカテゴリーに分類し、レポジトリDBに格納。
  • 自動移行ツールが、レポジトリDBのレガシー資産をJava等のオープン環境で利用可能な資産へと変換。

プロジェクトリスクを軽減するリホスト・リアーキテクチャのハイブリッド・アプローチ

OpenFrame7(リホストのミドルウェア)上に 動作検証環境を設定し、Javaの動作を保証。 リアーキテクチャが遅れる場合、OpenFrame7(リホストのミドルウェア)によるDR環境を本番環境として運用することが可能。OpenFrame7の並行運用によるプロジェクトの稼働を100%保証。

クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

「OpenFrame 21」には、WEBアプリケーションサーバやフレームワーク、及びモニター・システムを含む統合ミドルウェアプラットフォームの「ハイパーフレーム(HyperFrame)」が組み込まれています。「ハイパーフレーム(HyperFrame)」はオープンソースの標準技術に基づいて構成されており、クラウドネイティブ(クラウド環境向けに最適化)化でき、マイクロサービスの運用が容易になります。クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

レガシー資産を自動でモダナイゼーション化

メインフレーム上で運用しているシステムのオンライン/バッチアプリケーションおよびCOBOL,JCLやデータなど、各種リソースをJavaクラスに自動変換。

  ・OpenFrameの自動分析ツールが資産をCOBOLやJCL、BMS/MFS、CICSなどのカテゴリーに分類し、
   レポジトリDBに格納。
  ・自動移行ツールが、レポジトリDBのレガシー資産をJava等のオープン環境で利用可能な資産へと変換。

プロジェクトリスクを軽減するリホスト・リアーキテクチャのハイブリッド・アプローチ

OpenFrame7(リホストのミドルウェア)上に 動作検証環境を設定し、Javaの動作を保証。
リアーキテクチャが遅れる場合、OpenFrame7(リホストのミドルウェア)によるDR環境を本番環境として運用することが可能。OpenFrame7の並行運用によるプロジェクトの稼働を100%保証。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

「OpenFrame 21」には、WEBアプリケーションサーバやフレームワーク、及びモニター・システムを含む統合ミドルウェアプラットフォームの「ハイパーフレーム(HyperFrame)」が組み込まれています。「ハイパーフレーム(HyperFrame)」はオープンソースの標準技術に基づいて構成されており、クラウドネイティブ(クラウド環境向けに最適化)化でき、マイクロサービスの運用が容易になります。クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

「OpenFrame 21」には、WEBアプリケーションサーバやフレームワーク、及びモニター・システムを含む統合ミドルウェアプラットフォームの「ハイパーフレーム(HyperFrame)」が組み込まれています。「ハイパーフレーム(HyperFrame)」はオープンソースの標準技術に基づいて構成されており、クラウドネイティブ(クラウド環境向けに最適化)化でき、マイクロサービスの運用が容易になります。クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

「OpenFrame 21」には、WEBアプリケーションサーバやフレームワーク、及びモニター・システムを含む統合ミドルウェアプラットフォームの「ハイパーフレーム(HyperFrame)」が組み込まれています。「ハイパーフレーム(HyperFrame)」はオープンソースの標準技術に基づいて構成されており、クラウドネイティブ(クラウド環境向けに最適化)化でき、マイクロサービスの運用が容易になります。クラウドネイティブなプラットフォームを構築する「ハイパーフレーム」

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

お問い合わせはこちら
製品の詳細なご案内やデモンストレーションを実施致します。

住所:東京都港区芝4-13-4 田町第16藤島ビル4階 TEL:03-5765-2554 FAX:03-5765-2567 MAIL:marketing@tmaxsoft.co.jp
©2020 by 日本ティーマックスソフト株式会社